漫画「キングダム」とのコラボレーション

更新日:9月23日

大阪個展ではとても素敵なコラボレーションが実現しました。

漫画「キングダム」アートです。

大変光栄なことにキングダム作者の原泰久先生は以前から山下作品をとても好いて下さっており、山下タッチでキングダムをいつか描いて欲しいというお話をご本人から頂いておりました。

だったら今しかないと思いまして一気に描き上げました!


大阪個展「HOPE」オフィシャル

https://chignitta.com/archives/items/ryoheiyamashita12102021

Kingdom art "Shin"


Kingdom art "Ouki"


Kingdom art "Kyoukai"


以下制作秘話 大阪個展でのギャラリートークより


谷口(MC):この漫画「キングダム」とのコラボ作品、すでにtwitterをはじめいろんなSNSでも話題となっていて、これを目当てに展覧会にお越しの方もたくさんおられますが、どうしてこんなことになったのか教えてください。


山下:そうですよね。異色ですよね。どうしてこの展示に王騎とか信の絵があるんだろうって思いますよね。勝手に描いてるわけじゃないんです。笑 これは「キングダム」の作家、原泰久先生から直々にオーダーいただきまして、描かせてもらった2作品なんですよ、はい。びっくりしますよね。なんで原先生から?ってね。

ぶっちゃけますと、原先生が僕のファンなんです。笑。実は原先生と僕は同じ大学(九州芸術工科大学)の卒業生でして、原先生が僕の2個下で、学生時代には交流はそんなになかったのですが、2018年に大学50周年の大きな同窓会があって、何人か登壇して卒業生ディスカッションをする中に僕と原先生がメンバーに含まれていて。すごく緊張しました。当日控え室で、原先生にどうやって声かけようかと思っていたら、先生の方から「山下良平さんですか?」て聞かれて「ずっと絵を好いておりました」って言われて。笑。「え、マジですか」ってなりました。

先生に、僕の絵の躍動感とか光や色の表現がすごく好きだと言われ、その理由までちゃんと教えてくださって。僕も先生に聞きたいことがたくさんあったのに、逆に質問攻めでした。「アクリル絵の具の使い方を教えてください」とか「どうやって色彩計画を立てるんですか」とか、いろんな質問をされました。本当に嬉しかったです。

原先生に質問されることで自分の頭の整理にもなったし「自分がどうやって絵を描くか」ということをあたらめて意識することができました。それが原先生とぼくが親密にさせていただくことになったファーストコンタクトです。

その後「いつか、なにか一緒にコラボできたら」という漠然としたお話はいただいていたのですが、なかなか実現には至らなかったんですよね。今年「キングダム」の連載が15周年という節目もありますし、何か記念になるコラボができればという話を先生からいただきまして、そのきっかけとなる作品として、まずはこの2点を制作しました。

作品の反応を見ながら、また次の展開が生まれてくると思います。



閲覧数:696回

最新記事

すべて表示