top of page

コンセプト「エナジズム」の提唱論文

山下良平のエナジズムというコンセプトは、彼のアートを通じて見る者に深い影響を与える力強いエネルギーを表現しようとするものです。この論文では、山下良平のアートワークにおけるエナジズムを、彼の表現スタイルや経験から解析し、現代美術におけるその位置づけと影響を探求します。なお論文執筆経験に乏しい山下が先輩方やAI等の力を借りて書いているもので現在も未完成でありますことをご理解ください。




論文タイトル(2024.5.5更新)

動きを捉える:エナジズムの形成と展開


序論


  • 背景: 山下良平の提唱する美術概念「エナジズム」は、現代美術における動的表現の一環として誕生しました。彼の経歴や経験は、作品にエネルギーや躍動感を吹き込む源泉となっています。他の芸術家の影響を受けつつも、山下氏独自の視点でエナジズムを展開し、新しい芸術的概念を提唱するに至りました。


  • 研究目的: 山下良平の経歴とアート作品を通じて、エナジズムがどのように形成され、展開されてきたかを解析します。


本論


第1章: 山下良平の背景と芸術への進化


  • 創造的ルーツ:

彼の創造的ルーツは大学時代の映像制作と中学高校時代の陸上競技短距離経験に由来しています。大学時代の映像制作により、山下は豊かな視覚的感性を養いました。 映像制作は彼に視覚的なストーリーテリングの手法を学ぶ機会を与え、色彩や構図などの要素を探求する機会となりました。これは彼の絵画における色彩や形態の表現に影響を与え、視覚的な表現力を豊かにしました。


一方、中学高校時代の陸上競技経験は、山下の作品に身体性と動的なエネルギーをもたらしました。アスリートとしてのトレーニングや競技実績は、身体的な感覚や動きのリズムを彼の絵画に反映させる手助けとなりました。彼の作品には、身体の動きや力強さが感じられるダイナミックな要素が多く見られます。それらの原体験が、山下良平の芸術表現に大きな影響を与えたことは明らかです。これらの創造的なルーツは、彼の作品に独自の視覚的な美学と身体性をもたらし、彼のアートの進化に不可欠な要素となっています。


  • 美術への影響:

山下良平の背景と芸術への進化において、美術への影響は彼が取り入れた動的表現手法と現代美術における既存の手法との比較を通じて明らかになります。現代美術における動的表現手法としては、例えば抽象表現主義やファウヴィスムなどが挙げられます。これらの運動では、色彩や筆致を用いて感情やエネルギーを表現し、キャンバス上での自由な表現を追求しています。また、アクションペインティングなどの手法も、身体的な動きや行為を絵画に取り入れることでダイナミックな表現を実現しています。

一方、山下良平のアプローチはこれらの既存の手法とは一線を画しています。彼は映像制作や陸上競技の経験から得た視覚的な感性や身体的な感覚を組み合わせ、独自の「エナジズム」という概念を追求しています。彼の作品では、色彩や筆致、形態、テクスチャーを通じてエネルギーの流れやダイナミズムを表現し、観る者に強烈な印象を与えます。さらに、作品内での「素」と「密」の対比を通じて異なるエネルギーの表現を探求し、視覚的な饗宴を提供しています。このように、山下良平のアプローチは従来の動的表現手法とは異なる新しい視点を提供しています。彼の作品は、現代美術の中で新たなエネルギーをもたらし、観る者に新しい芸術体験を提供しています。


第2章: エナジズムの理論的枠組み


  • 概念の定義:

「エナジズム(Energyism)」とは、「エネルギー(Energy)」と「アート(Artism)」を組み合わせた造語であり、芸術作品や表現を通じてエネルギーを捉え、可視化することを指す美術用語です。この概念は、作品が持つ力強さや動的な特性を強調し、観る者に活力や感動を与えることを目指します。

山下良平の作品は、キャンバス上におけるエネルギーの流れやダイナミズムを具象化し、視覚的な形で表現することを目指しています。色彩の鮮やかさや筆致のダイナミックな動き、形態やテクスチャーの変化を通じて、作品が持つエネルギーが観る者に直接伝わるような表現を追求しています。この概念は、芸術作品を通じてエネルギーが持つ力や表現性を深く探求し、観る者に新たな感覚的体験をもたらすことを目指しています。


  • 芸術手法:

エナジズムの芸術手法は、色彩、筆致、形態、そしてテクスチャーを駆使してエネルギーを表現します。色彩は、作品に活力や感情を注入するための重要な要素です。鮮やかな色彩はエネルギーの強さや活気を表現し、色の組み合わせや濃淡の変化が作品のダイナミズムを強調します。筆致は、エネルギーの動きや流れを表現するための手段です。大胆なストロークや繊細なタッチは、作品に動きや生命力を与えます。形態は、物体の形や輪郭を通じてエネルギーの流れを表現します。

作品の形態が変化することで、エネルギーの方向や速度を感じ取ることができます。最後に、テクスチャーは作品の表面の質感や質感を通じてエネルギーを伝えます。粗いテクスチャーや滑らかな表面など、異なるテクスチャーが作品のエネルギーを豊かに表現します。これらの要素を組み合わせることで、山下良平はエナジズムを追求し、観る者に魅力的な芸術体験を提供しています。


第3章: 主要作品におけるエナジズムの具体例


  • 作品分析:

「躍動する形態」「エネルギーの流れ」など、特定の作品を深掘りしたいと思います。(進行中)



  • 作品「Samurai 12」における太刀筋表現(鮮やかなラインは単なる軌跡の再現ではなくサムライの持つエネルギーを可視化している)

  • 形態のデフォルメによる時間的経過の表現(サムライの本来の体型を無視した脚部の広がりは時間、空間を超えたエネルギーを

可視化している)。

  • 「粗と密」のテクニックは荒々しい太刀筋の描写に対して侍の顔や手元の精緻な描写の対比がある。


  • 視覚と感覚:

エナジズム作品は観る者に多様な身体的・感性的影響を与えます。まず、視覚的なレベルでは、作品の色彩や形態、筆致、テクスチャーが観る者の目を引き、注意を惹きます。鮮やかな色彩やダイナミックな形態は、観る者の目に刺激を与え、興奮や活気を感じさせます。また、大胆な筆致や繊細なタッチが作品から放射される動きや生命力を伝えます。これにより、観る者は作品に身体的に引き込まれ、エネルギーの流れを感じ取ることができます。

感性的なレベルでは、エナジズム作品は観る者の感情や感性に深い共鳴を呼び起こします。作品が持つエネルギーの流れや躍動感は、観る者の心に響き、感情的な反応を引き起こすことがあります。また、作品が伝える情熱や情緒は、観る者の内面に共鳴し、心の奥深くに訴えかけます。これにより、観る者は作品との対話を通じて自己の感情や内面を探求し、豊かな感性的体験を得ることができます。

エナジズム作品が観る者に与える身体的・感性的影響は、単なる視覚的な魅力だけでなく、深い感情的な体験や内面的な洞察をもたらします。これにより、観る者は作品との間に特別な結びつきを感じ、芸術の力によって感情や感性が豊かに育まれることがあります。


第4章: エナジズムの受容と影響


  • 鑑賞者からの反応:

集計中


  • 批評家からの反応:

山下良平さんの作品は、絵の具のマチエール(素材感)によって、実際に目に見えることのない、モノの運動や気配、躍動感を表現しています。これらを表現するために用いられているテクニックは、「粗と密」と言えるのではないでしょうか。これは、実際に目で見ることのできないエネルギーを、「何かの痕跡なのだ」と認識する為の道具立てとして、「粗と密」を用いて表現しているのではないかと感じました。 

その「粗と密」の関係は、彼の作品の至る所で見ることができます。フラットな背景と密に描かれた人物、絵の具のマチエールがある部分とない部分、筆で描かれた部分とペインティングナイフで描かれた部分などです。これらの「粗と密」の組み合わせによって、作品を目にした者に、それがある一瞬を切り取ったエネルギーの表現なのだと気づかせるのです。 

彼の作品のレベルの高さは、作品をどう描いたかが分かりにくいということからも伺い知る事ができます。絵の具をおいていった順番はどうなっているのか、人物を描く時にネガティブ(背景側に絵の具をおいて行き、背景側から像を浮き出させる)に描写されている部分がある、一色の絵の具で人物の立体感を見事に表現している、など枚挙に暇がありません。「どう描いているのだろう?」と分析しながら鑑賞するのも、彼の作品を楽しむ一つの方法なのかもしれません。 彼の作品には、webのブラウザ越しや、印刷物として鑑賞するのではなく、実際に本物の作品を肉眼で見てみたいと思わせるようなエネルギーが凝縮されている様に感じました。(SAMENOSレビュー文より引用)

 執筆者:見目 智史(けんもく さとし)

所 属:DADA株式会社 SAMENOS事業部 

経 歴:東京造形大学 美術科油画専攻 卒業,東京造形大学大学院 造形研究科造形専攻                                           山下良平氏は、一貫して人の「動き」の瞬間のなかに美の極致を見出そうとし、美術家としての独特のジャンルを拓いてきました。風を切り水を踊らせるようなあらゆる身体動作が、思い切った構図と自らの体躯をいっぱいに使った筆致でキャンバスに定着されます。また、競技者のイマジネーションを風景に置き換えたり、四季のセンチメントも題材に選ぶなど、躍動美から展開する様々な瞬間にもテーマを求め、進化し続けているのです。


執筆者:吉田広二(ギャラリースピークフォーディレクター)



  • 影響力:

2020年には東京メトロ銀座線外苑前駅のステンドグラスアートとして山下の躍動感あふれるアスリートの作品が取り上げられ、公共空間でのアートの新たな可能性を示しました。この功績により、彼の作品群は広く認知され、多くの人々に深い印象を与え続けています。


結論


  • エナジズムの貢献と未来:

山下良平は、現代美術において新しいパースペクティブを提供しています。彼のエナジズムのアプローチは、従来の美術表現から抽象的なエネルギーや躍動感を視覚化する手法に革新をもたらしています。従来の静止した絵画や彫刻とは異なり、山下の作品は生命力に満ちたエネルギーを放ち、観る者にダイナミックな体験を提供します。彼の作品は、色彩、筆致、形態、テクスチャーなどの要素を通じてエネルギーを表現し、観る者の想像力や感性を刺激します。

これにより、観る者は作品との対話を通じて新たな感覚的体験を得ることができます。さらに、山下のエナジズムは、芸術という枠組みを超えて、観る者の心を奮い立たせ、魂を揺さぶる深い感情を呼び起こします。彼の作品は、単なる観賞の対象にとどまらず、観る者の内面に深い共鳴をもたらし、新たな美的価値観や感性を開拓します。このように、山下良平の作品は従来の美術表現の枠を超え、新しい美的体験や感性的視点を提供することで、現代美術に新たなパースペクティブをもたらしています。彼のエナジズムは、芸術の力を通じて人々の心を豊かにし、美の可能性を広げることで、現代美術の進化に寄与しています。


  • 展望:

エナジズムは控えめながらも重要な影響を未来のアートシーンにもたらす可能性があります。具体的には、以下のような影響が考えられます。

  1. 新たな表現の探求: エナジズムは芸術家に新しい表現の道を開くことができます。彼らはエネルギーや動きをより直感的に表現する方法を模索し、これにより芸術作品の多様性が増加するでしょう。

  2. 観客の感性への訴え: エナジズムを取り入れた作品は、観客の感性や感情に訴えかける力を持ちます。これにより、芸術鑑賞がより身近で感動的な体験になることが期待されます。

  3. 芸術市場への影響: エナジズムをテーマにした作品が注目を集めることで、その需要が増加する可能性があります。これにより、芸術市場において新たなトレンドが形成されるかもしれません。

  4. 芸術教育への影響: エナジズムの概念は、芸術教育においても重要な役割を果たすでしょう。学生たちはエネルギーや動きをどのように表現するかを探求し、自身の表現力を向上させることができます。


これらの影響は、エナジズムが芸術の領域に新しい視点をもたらし、芸術家や観客の体験に新たな深みを与えることができる可能性を示唆しています。

閲覧数:108回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page